手入れの方法を間違えると肌を

ムダ毛の悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。 ムダ毛が濃い薄いにかかわらず女性なら気になることですから、お手入れはこまめに行うという人も少なくありません。 少なくても1週間に1度、頻繁に行う人も2日に1度のお手入れを行っているという人が多いようです。 しかしお手入れの方法を間違えると肌を傷めてしまう危険性があります。 カミソリなどでシェービングしている場合は、肌の表面を傷つけてしまうため細かい傷ができてしまいます。 肌が乾燥しているときにはそのダメージも大きく、かゆみや出血を伴う場合も少なくありません。 特に頻繁に行っている人はダメージを受けやすいです。 毛抜きなどでムダ毛を抜いているという人も安心はできません。 ムダ毛を抜くことで毛穴が開きっぱなしになってしまい、そこからばい菌などが入ってしまえば毛穴から炎症が起こることもあります。 抜いたあとしばらくはツルツルの状態が続くので、次の処理までの間隔が長いというメリットはありますが、次にムダ毛が生えてくるときに毛が肌の下に埋もれてしまったり、毛穴がブツブツしてかゆみを起こしたりというデメリットもあります。 肌にトラブルがあってもムダ毛は再び生えてきますので、また自己処理をくり返してしまうといったように悪循環に陥ってしまうことも多いようです。 自己処理の前後にはしっかりと保湿をすることを心がけたり、から剃りは絶対に避けるなど正しい自己処理を身につけることが大切です。 しかしそれでも肌トラブルが起こってしまうこともあります。 そういった場合は脱毛サロンなどできちんとした脱毛を受けることをおすすめします。 脱毛サロンで行う施術は保湿に徹底しており、脱毛だけでなく美肌効果も期待できます。 一度脱毛が完了してしまえば1年中ムダ毛を気にすることなく過ごすことができるので、夏だけじゃなく肌の露出が減る季節でもムダ毛のお手入れをしなくてもいいようになります。


ページトップへ
Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) 夏だけじゃない脱毛はちゃんと手入れ All Rights Reserved.